#4453 パトリック・リードがメジャー初V

Masters 2018: Patric Reed Wins First Major Title

Patrick Reed held off fellow Americans Rickie Fowler and Jordan Spieth, to claim his first major victory at the Masters on Sunday.

■チェック

・hold off ~を寄せつけない
・fellow American 仲間の米国人
・claim one’s first major victory メジャー初優勝をあげる

■対訳

「2018年マスターズ:パトリック・リードがメジャー初V」

日曜日に、同じ米国のリッキー・ファウラーとジョーダン・スピースを退けたパトリック・リードがマスターズで優勝し、メジャー初勝利を手にした。

■訳出のポイント

hold off ~ はもともと

「~から離れている」 「~に近づかない」

という句動詞。

ここから、

人・攻撃などを 「寄せつけない」 「撃退する」 「退ける」 「阻止する」

といった意味にも使われます。

fellow は

「男」 「人」 を意味する名詞です。

「仲間」 「同僚」

という意味でも頻出の単語となっています。

my fellows at school 「学校の仲間」

his fellows in crime 「彼の犯罪仲間」 → 「彼の共犯者たち」

という具合に用います。

また、形容詞的に

「同僚の」 「仲間の」 「同じ(地位・仕事・立場)の」

という意味にもなるので、注意してください。

例えば

a fellow student 「仲間の学生」 → 「学友」

a fellow Christian 「同じ(信仰を持つ)キリス教徒」

などのようになります。

今日の場合は

fellow Americans Rickie Fowler and Jordan Spieth で

「同じ米国人のリッキー・ファウラーとジョーダン・スピース」

ということです。

米男子ゴルフのメジャー第1戦、マスターズ・トーナメント。

今年は、テキサス州出身で27歳のパトリック・リードがメジャー初Vを決めました。

マスターズ優勝者がメジャー初優勝者というパターンは、今回で4年連続です。

日本の松山英樹は19位フィニッシュ。

また、3年ぶりの出場で注目されたタイガー・ウッズは32位という結果でした。

■編集後記

パトリック・リードはスピースに一旦は並ばれましたが、攻めのゴルフでグリーンジャケットを手にしました。27歳とは思えぬ貫禄。メジャーを取るのは松山が先かリードが先かと言われてましたが松山にはまだ今年3回あるメジャー(全米、全英、全米プロ)、頑張って欲しいです。あと今週から日本の男子ツアーが始まります。石川遼、調子が良いので開幕戦期待ですね^^

 

(裏)朝からフェラーリディノを近所で目撃!