#4795 横浜で電車がトラックと衝突

Japan: 1 Dead, More Than 30 Injured after Train Hits Truck in Yokohama

One person was killed and more than 30 people were injured after a train collided with a truck and derailed on Thursday in Yokohama, the second-large city in Japan.

■チェック

・hit (=collide with) ~と衝突する
・detail 脱線する
・second-largest city 第2の都市

■対訳

「日本:横浜で電車がトラックと衝突、死者1人負傷者30人以上」

木曜日、日本第2の都市である横浜で、電車がトラックと衝突し脱線。1人が死亡し、30人以上が負傷した。

■訳出のポイント

hit はもともと

「~を打つ」 「~をたたく」

という動詞。

ここから、

「~にぶつかる」

という意味でもしばしば使われます。

そこで、タイトルの

train hits truck は

「電車がトラックにぶつかる」 → 「電車がトラックに衝突する」

ということです。

また、本文で使われている

collide は

「ぶつかる」 「衝突する」

という動詞。

こちらは、前置詞 with をともなって

collide with で

「~とぶつかる」 「~と衝突する」

になります。

derail は

列車などが 「脱線する」 なので、

a train collided with a truck and derailed

の部分は

「電車がトラックと衝突し、脱線した」

というわけですね。

(the) second-largest city は

直訳すると

「2番目に最大の都市」。

つまり 「第2の都市」

に当たる言い方です。

今日の場合は、

the second-large city in Japan は

直前の Yokohama 「横浜」 を説明する文節で

「日本第2の都市(である横浜)」

となっています。

5日お昼前、横浜市神奈川区の踏切で、京浜急行の快特電車と果実を運んでいた12トントラックが接触。

トラックは炎上し、列車は先頭から3両目までが脱線する、という大事故が発生しました。

トラックの運転手とみられる男性1人が死亡し、30人以上負傷しています。

目撃情報によると、トラックは線路を並走する側道から右折して踏切に進入し、曲がりきれず立ち往生した際に遮断機が下りたといいます。

その後踏切を抜けようと試み、衝突したようです。

電車の運転士は

「手動でブレーキをかけたが間に合わなかった」

と話しているそうで、電車は時速120キロほどでトラックに衝突したとみられます。

■編集後記

昔、京急の青物横丁というところに住んでたことがあり、この赤い電車何度も乗りました。先頭車両に乗ってた人は本当に生きた心地がしなかったでしょうね。一歩間違えれば福知山線の事故の再現となるところでした。本当にこの事故で乗客に犠牲者が出なかったことが奇跡ともいえます。車を運転する皆さん、踏切付近では十分に注意しましょう。

 

(裏)大阪では35度とか!!