#3983 シカゴ女性がスタバを提訴、アイスドリンクの氷多すぎ

Chicago Woman Sues Starbucks over Too Much Ice in Cold Drinks

A Chicago woman filed a lawsuit against Starbucks for more than $5 million over the excessive amount of ice the coffee chain giant used in its chilly drinks.

■チェック

・sue (= file a lawsuit against) ~を訴える、~を相手に訴訟を起こす
・cold (=chilly) drinks 冷たい飲み物、アイスドリンク
・file a lawsuit against ~ for $_  _ドルを求めて~を提訴する
・excessive amount 過剰な量
・coffee chain giant コーヒーチェーン大手

■対訳

「シカゴ女性がスタバを提訴、アイスドリンクの氷多すぎ」

シカゴ在住の女性が、アイスドリンクに含まれる氷の量が多すぎるとして、コーヒーチェーン大手のスターバックスに対して、500万ドル(約5億3000万円)以上の賠償請求を起こした。

■訳出のポイント

sue は 「~を訴える」 「~に対して訴訟を起こす」 という動詞。

特に、「~を相手取って賠償訴訟を起こす」 場合によく使われる語です。

lawsuit は suit とも言いますが、「訴訟」 「告訴」 という名詞。

file a lawsuit で 「訴訟を起こす」 「告訴する」、つまり動詞 sue と同じ意味になります。

ただし、

sue は前置詞を取らず sue ~ で 「~に対して訴訟を起こす」 ですが、

file a lawsuit の場合は、

訴訟相手の前に前置詞 against を用いて

file a lawsuit against ~ という形になります。

また、どちらの場合も後に for $_ をつけると

「_ドルを求めて訴訟を起こす」 → 「_ドルの賠償請求を起こす」

になります。

さらに、over ~ と続けると、「~をめぐって」 のように訴訟あるいは賠償請求の理由を述べることができます。

したがって、今日のタイトルは直訳すると

「シカゴの女性が、アイスドリンクの中の多すぎる氷をめぐって、スターバックスを訴える」

「シカゴの女性が、アイスドリンクの氷が多すぎるとしてスターバックスを提訴する」

ということです。

また、本文の方は、前半の

A Chicago woman filed a lawsuit against Starbucks for more than $5 million

「シカゴ(在住)の女性が、スターバックスに対して500万ドル以上の賠償請求を起こした」 。

そして、後半の over 以下は賠償請求の理由を説明しているわけで

over the amount of ice the coffee chain giant used in its chilly drinks

「そのコーヒーチェーン大手(=スタバ)がアイスドリンクで使っている(=入れている)氷の過剰な量をめぐって」

「(コーヒーチェーン大手のスターバックスの)アイスドリンクに含まれる氷の量が多すぎるとして」

ということです。

今回訴えを起こしたのは、シカゴ在住の女性。

この女性は、容量710 ml サイズのアイスコーヒーを注文すると、氷が295 ml を占め、コーヒーは約60%に当たる414 ml しか含まれないと主張。

不当表示による詐欺の疑いがあるとして、スターバックスを提訴しました。

過去10年間に氷入りのアイスドリンクを購入したすべての顧客を代表し、500万ドル(約5億3000万円)を超える賠償を求めるといいます。

提訴されたスターバックス側は、根拠がない訴えだと一蹴。

「お客様には、どの “アイスドリンク” にも氷が必須であることはご理解いただいております」

として、

「もしご満足していただけない場合には、どんなドリンクでも喜んで作り直します」

と声明で述べています。
■編集後記

氷の入れすぎで500万ドル・・・日本人から見ると考えられない提訴ですね。氷少なめで、って一言言えばいいのにね。。知人で氷入りのお酒を頼む時、必ず氷無しで、と注文する人がいるのですが、たいていの場合、氷入りよりも飲み物の量が多くなります。やはり氷をいれないと量がすごく減るので見た目が貧しくなるのでしょうね。。

 

(裏)今日からプレーヤーズ選手権。松山、ファウラーがんばれ!