#4025 日本の参院選、与党連合が大勝

Japan’qs Ruling Coalition Wins Big in Upper House Election

The Liberal Democratic Party-led ruling coalition won as weeping victory in Japan’s Upper House election Sunday and gained the two-thirds majority needed to propel a constitution revision.

■チェック

・ruling coalition 与党連合
・Upper house election 参議院選挙
・Liberal Democratic Party-led 自民党主導の
・win a sweeping victory 圧勝する
・gain the two-thirds majority 3分の2以上(の議席)
・propel ~を推進する
・constitution revision 憲法改正

■対訳

「日本の参院選、与党連合が大勝」

日曜日に行われた日本の参議院選挙で自民党主導の与党連合が圧勝し、憲法改正を推進するのに必要な3分の2以上の議席を獲得した。

■訳出のポイント

coalition は、政党・国家などの一時的な 「連合」 「合同」 を意味する語。

ruling が 「支配する」 「権力の座にある」 → 「与党の」 という形容詞なので、

ruling coalition は 「与党連合」 ということです。

win big は文字どおり 「大きく勝利する」 → 「大勝する」。

タイトルでは、win big in Upper House election で

「参議院選挙で大勝する」 となっています。

the Liberal Democratic Partyは 日本の

「自由民主党」 = 「自民党」 の英語名。

LDP という略語もよく使われるので、あわせて確認しておきましょう。
名詞の後に -led がつくと 「~主導の」 という連結語になります。

したがって、

the Liberal Democratic Party-led ruling coalition は

「自民党主導の与党連合」 ということです。

sweeping は 「広範囲の」 「圧倒的な」 「完全の」 という形容詞。

win a sweeping victory で 「圧倒的な勝利を収める」 「圧勝する」という言い方になります。

gain は 「~を得る」 「~を獲得する」 という動詞。

gain the two-thirds majority で

「3分の2(以上)の多数を獲得する」 です。

ここでは、参議院選挙において 「3分の2以上の議席を獲得する」の意味になっています。

propel は 「~を前進させる」 「~を突き動かす」 「~を推進する」 という動詞。

ちなみに、船や飛行機の 「プロペラ」 の意でおなじみの propeller は、この動詞 propel から派生した名詞です。

後ろに 「~するもの」 という接尾辞 -er がついた形で、原意は「~を前に進めるもの」 「推進器」 → (船や飛行機を前進させる) 「プロペラ」というわけです。

今日の場合は、 propel a constitution revision で「憲法改正を推進する」 となっています。

10日に投開票が行われた参議院選挙。

結果は、自民・公明の与党連合が、安倍首相が勝敗ラインに掲げた改選定数の過半数(=61)を確保して、圧勝しました。

安倍首相は、より安定した政権基盤を獲得したこととなり、今後もデフレ脱却に向けて経済政策 「アベノミクス」 を一層推し進めることになるでしょう。

また、今回の投票結果で、非改選も含めると、改憲に前向きな自民党ほか3党の合計議席が、憲法改正発議に必要な3分の2(=162)に達してもいます。

海外では、この点を大きく取り上げている報道が目立っています。

■編集後記

与党が圧勝したことで円高圧力が若干弱まりました。それにしても今回の参院選が憲法改正の足がかりになることを選挙期間に強く主張するマスコミは少なかったような気がします。開票後、与党圧勝が決まった瞬間から憲法改正トピックが急激に増えたような気がします。はっきり言うと、今回の参院選においては憲法改正が最大の争点であることを隠蔽するような不気味な力を感じてしまいます。

 

(裏)明日から天気崩れるそうですね。それにしても毎日暑すぎる・・・